November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ふれあい動物園、クイズラリー開催するよ〜♪

こんにちは〜いよいよ今週日曜になりました、ふれあい動物園ハリネズミ
我が家のやんちゃ姫も、遊びに行く〜ハートと楽しみにしております^^

せっかくの春休み、お子様達に楽しんでもらいたいなぁと思い、
「どうぶつ不思議〇×クイズ」
を開催する事となりました!!

問題は全部でい帖
動物を見て触れて、答えを考えてみてください♪
(分からない時は園長さんが教えてくれるかも!?





今週の日曜は、ウッドホームのふれあい動物園にお越し下さい。
スタッフ一同、お待ちしておりますハート



 

こうのあママさん

こんにちは〜神田ですサキ

今日は、またまたハンドメイド作家さんの紹介ですハート

「こうのあママさん」
レジンアクセサリーの作家さんです!!

二人のお子様の子育てをしながら、アクセサリーを作られています。
レジンアクセサリーは、ハンドメイド雑貨を飾ってあるカフェに行った時、
そのお店の店長さんが作られている作品がとても素敵で、自分でも作れないかな?と思い、
色々調べて自己流で始めたのがきっかけだそう。
作り始めてまだ5ケ月しか経ってないそうで、びっくりしました。
そんな、こうのあママさんのブログは→


春らしい新作も届いていますよドキドキ
どれも素敵すぎます^^
一人、キャーキャー言いながら写真を撮りました^^


ピアス  イヤリング


ネックレス  かんざし  バッグチャーム


ヘアゴム

実物は、是非ショールームで・・・顔




 

「THE KITCHEN] - ワイガヤのある風景ー

こんにちは
リフォームアドバイザーの松本です。

なんだかワクワクする季節になって来ましたね。
そこで(?)今回はキッチンのお話をさせていただきます。

台所は昔、炊事場と呼ばれた時代がありました。
今のようにガスや電気の無い時代「かまど」というものがあって
米を炊いたり、煮物をしたりしていましたが、調理はまずは火をおこす所からなので
お母さんやお嫁さんは大変な仕事だったと思います。



そのかまども今では、ガスや電気で簡単に料理ができるようになりました。

台所の呼び名もキッチンとなり、奥様たちも奥のほうで料理をしなくても
家族みんなの顔を見ながら調理ができるようになって来ました。

松山ショールームでは「オーダーキッチン」を展示しています。



オーダーキッチンは使う人に合わせて、
カウンターの高さ・広さ・デザイン、シンクや調理設備、及び食洗機など
自由に選ぶことができます。まさにオンリーワンです。

ちなみにショールームのキッチンのIHと水栓はこちらです。

 

こちらの水栓はグローエというドイツのメーカーの水栓です。
耐久性に非常に優れていて、ご覧の通りデザインも洗練されていますね!
IHもこの前、このグリルを使って焼き芋を焼いたのですが、
それはそれはとても美味しく焼けました。メーカーは日立です、さすが!

最後にこちらをご覧下さい。



キッチンとテーブルが同じデザインですよね。
こういう風にキッチンとテーブルを統一したデザインで
作ることもできるんですよ。
これは、ドイツなどではキッチンも家具の一部と考えるらしいですね。
まさしく統一感が出ます。

お友達とかが集まるときに
みんながそれぞれ持ち寄って、料理を作ったり、おはなしをしたりできますよね。
大きいテーブルの上の料理やデザートを囲んで、
みんなで「ワイワイガヤガヤ」楽しい空間が生まれると思います。

皆様も楽しい空間作りのヒントを見つけに
松山ショールームへいらっしゃいませんか?
スタッフ一同お待ちしております。










 

月と雫さん

こんにちは〜神田です。

今日はハンドメイド作家さんのご紹介サキ

『月と雫』さん


小さい頃から、ビーズ遊びや編みものが大好きだったという、月と雫さん。
大人になって、ビーズと編み物を融合した純銀クロッシェ、ジュエリークロッシェにであい、
その魅力にますますひかれていったそうです。
とにかく手作りが大好きなんです!!と楽しそうにお話してくれたのが、印象に残っています。
そんな月と雫さんのHPはこちら→
HPの月月と雫涙のデザインもされてて、そこから作家名をとったそうです!

そんな笑顔の素敵な『月と雫』さんの新作が届きました!







どれも可愛くて、私が欲しくなっちゃいます顔
只今、コミュニティスペースにて販売中。
是非ご来場ください〜。



 

「DOORS」−夢の扉たちー

こんにちは
リフォームアドバイザーの松本です。

今回はドアのおはなしです。

かの国民的アニメのドラえもんの中で、
ドラえもんがのび太少年を助けるために四次元ポケットから
出してくるアイテムに「どこでもドア」がありました。

そんなどこでも行けるドアはないですが、我がショールームにも
夢のあるドアたちが顔をそろえています。

まず入口にはこちらの扉、



もともとガラスだけのドアにスチール製のオリジナルパネルを貼り付けて
アイアンの格子の桟を入れてリメイクしたんですよ!!!
色もウッドホームカラーです。素敵でしょ!

次は「ままの小部屋」とネーミングした部屋の入口ドアです。

    
    
こちらは輸入ドアをペインティングしたものです。
輸入ドアは、国産の既製品より安くておしゃれなものも
たくさあるんですよ。
興味のあるお客様がけっこういらっしゃいます。


最後は現在開発中のドアですが、スタッフルームの入口に使ってます。
それがこちら、

     

いつかは本家の「どこでもドア」みたいに、
いつでもどこでも素敵な場所へ行けるドアを開発中です。
現在は、子供たちのチョークアートのキャンバスになっていますが、、、。

只今開発途中の「どこでもドア」を展示しておりますので
他のアイテムとともに、是非ともごらんになって下さい(笑い)。

松山ショールームは皆様のお越しを喜んでお待ちしております。







 
<<back|<44454647484950>|next>>
pagetop